木のスプーンにハート型のクッキー

四歳児、わがまま女の子の子育て 怒るママが嫌

悲しそうな表情の女の子

うちには3人の子供がいます。

一番末っ子は4歳の女の子。

4歳にもなると、口も結構達者でよくしゃべるし、保育園やTV、日常の会話など、聞こえてくるものをどんどん吸収していきますよね。

そんな末っ子の「みー」が僕に聞いてきたことです。

結婚

かわいい指のカップル

4歳の子供は、結婚というものをどんな風にとらえてるのでしょう。

「わたし○○君と結婚するー」

結構一貫して同じ男の子の名前を言っるんだけど、もう恋をしてるんでしょうかね。

 

でも、「誰が好きなの?」て聞くと、男の子の名前も、女の子の名前も、色んな子の名前が出てくるから、まだ異性を意識してはいない感じ。

 

「わたしパパと結婚したい」なんて言ってくれることも。

パパのことが大好きなんだな、うんうん、嬉しいかぎりです。

 

とりあえず結婚相手は男だってのは分かってるみたい。

 

ある日、こんなことを

みー

みー
パパは結婚してるの?
タクヤ

タクヤ
え?してるよ

誰としてるの?

 

子供たちって、”結婚”ってのをどこでどのように知るんでしょうね。

僕は特に教えた覚えはないし、多分保育園かなと思うけど。

絵本とかかな。「王子様とお姫様が結婚しました。」みたいな童話などで。

 

タクヤ

タクヤ
パパはママと結婚したんだよ

 

ここまではよくありそうな会話なんですが、その後ちょっとショッキングな言葉が・・・

 


なんでママと結婚したの?いっぱい怒るのに

 

えー!!

いっぱい怒るのに!?

 

末っ子みーの、ママに対するイメージが大変な事になっていました・・・

怒るママが嫌

嫌がる女の子

嫁さんはいい嫁さんです。

仕事にも出てるのに、家事育児をこなして大変なのに、文句も言わないし。

料理だって美味しいです。

先にフォローしときます。(笑)

 

でも、嫁さんは子供に対して厳しいというか、キツイ言い方をしてしまうことがあるんですね。

どうも周期があって、すぐイライラするようになってきたら、僕がちょっと注意して優しいママに戻してあげる。

といった感じで過ごしています。

 

ちょうど、またイライラ周期が来はじめたなと思ってたとこに、みー のあの発言でした。

 

最近、ピアノ教室に行くようになった みー 。

お家での課題が出されます。

 

そしてママが教えながらやってるんですが、

 


もう!ママ嫌だ!怒ってばっか ピアノはパパと行く!

 

嫁さんに、「怒らないでやってあげてよ」と言うけど、嫁さんからしたら、「別に怒ってないって」って言うんですね。

 

これは、まずい状況になってたな思いました。

親と子供の捉え方の違い

絡まる赤い毛糸

親は怒ってるつもりはなくても、子供が怒られてると感じれば、それは怒ってるってことと同じ。

子供の目線で考えてあげることの大事さを教えられました。

子供目線てのは分かっていたつもりだけど、こうやって見落としてる部分があるなと。

 

今回の出来事で、嫁さんは気付いたと思うけど、

もしこのまま「親は怒っていないと思ってる」「子供は怒られてると感じている」が続いていたらと思うと、ゾッとしました。

 

親は怒ってるつもりが全くないということは、これが日常。当たり前の接し方になっている。

子供からしたら、親が怖いですよね。

 

こんなこともありました。

みー は、使ったスプーンをペロっと舐める癖があります。

砂糖やジャムなどをすくうスプーンは、使ったらまた瓶などに戻しますよね。他の人もそのスプーンを使うから。

でもそれもついついペロって舐めちゃいます。

 

嫁さんはそれを、キツイ言い方で注意しちゃうんですね。

その時 みー は悲しそうな、しゅんとした顔をしています。

嫁さんは躾として、当たり前な言動だったかもしれないけど、みー からしたら

 

「何で私はそんなに怒られるの?」

 

といった感情だったと思います。

 

みー も最近怒られてばかりだと感じていて、ストレスが溜まってたと思います。

可哀想でした。

でも、みー は自分で「ママは怒ってばかり」だということを僕たち親に伝えれました。

 

もし、言いたいことも言えずに、自分が悪いから怒られるんだと思い込み、我慢するようになってしまっていたら・・・

自己肯定感ですね。

子供を威圧的にコントロールしようとすると、

自分への自信、自分への価値観、自分の必要性、存在意義、こういった自己肯定感が低くなり、自分を大切にできなくなってしまいます。

自分を大切にできないということは、他人のことも大切にできない、思いやりが持てない子になってしまいます。

 

子供への言い方の問題だと思います。

躾は大事ですし、注意は必要ですが、頭ごなしに怒り口調で言ってしまえば、子供は怒られてると感じます。

4歳の子にしたら、まだ何が悪いのか分からないのが当たり前。

それを、「何故そんなことをするんだ」と、大人目線で言っても伝わらないです。

優しく教えてあげるのが大事ですよね。

言うことを聞かないことにイライラ

イライラするネコ

子供にこうして欲しいから、言うことを聞いて欲しいから言うけど、中々言うことを聞いてくれない。

イライラしますよね。

怒っちゃいますよね。

わかります。

僕もいまだにイライラすることはあります。

でもイライラに任せて怒っちゃうことはなくなりました。

怒っても逆効果だからです。

 

怒っても4歳の子は理解できないし、怒られてることに意識が行ってしまうし、怖がるだけ。

言うことが聞けるわけがないんですね。

言っても言っても言うことが聞けないから、更にイライラが募る悪循環になります。

 

イライラした時は、口に出す前に、一度頭で考えてみてください。

 

「子供に何を期待しているのか」

 

僕たちが求める期待が、4歳の子にしたら大きすぎるんです。

とても4歳の子にはできないような期待をしています。

そう考えれば段々イライラも収まり、怒る必要もなくなります。

そして子供の言い分を聞いてあげるんです。

何がしたかったのかや、何故したのか。

そして4歳の子に分かるように優しく教えてあげたら、親も子供も楽な気持ちになれますよ。

叫ぶ女性
子育ての悩みで多いのが、子供に「怒り」の感情が出てしまうことだと思います。 分かっていても、嫌だと思っていても、ついイライラして怒鳴ってし...

 

それから、何度も同じ失敗を繰り返します。

だって4歳ですから。

大人には簡単でも、4歳には難しいですから。

何回言ってもできなくても、焦らないで待ってあげてください。

ちょっとずつできるようになりますから。

できないことを突っ込むんじゃなくて、できるようになってきたらその都度褒めてあげて下さい。

その成長を楽しむ気持ちで。

最後に

みー は3人目の子育てです。

今回のことで、怖い思いをしていたんだなとショックでした。

でも自分の思ったことを言える、自己主張がちゃんとできる子に育ってることも実感できました。

「あれしたい」「これしたい」「あれ嫌だ」「これ嫌だ」

とわがままにもみえます。

でもこれが自己主張ですよね。

その自己主張をしっかり聞いてあげれるようにしたいと思います。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

レトロなおもちゃ屋さん

【子育てあるある】何でも買ってと欲しがる 子供の気持ちを理解する

不満げな顔で食事する子供

【子育てあるある】子供が食べるのが遅い原因は?対処方はワクワクさせる

笑顔の母親と子供

【子育ての悩みを根本的に解消】大事なことは、子供から愛情を受け取る

「ウソ」の吹出がでてる木製の人形

【子育てあるある】子供が嘘をつく心理・原因 対応法はインタビュー

シャボン玉で遊ぶ女の子

子供の習い事はいつから? 何歳から始めるのが効果的か

ベンチで頭を抱える男性

子育ての失敗だったのか? 後悔している人生最大の過ち・・・