木のスプーンにハート型のクッキー

子供の習い事はいつから? 何歳から始めるのが効果的か

シャボン玉で遊ぶ女の子

子供に何か習い事をさせよう。

何か得意なものを身につけさせて、自信を持たせたい、体力をつけさせたい、色んな事に興味を持って欲しい。

でもいつから習い始めたらいいのかな?

自分が子供の時、嫌々習い事に通ってたな・・・

子供に楽しんで続けてもらうにはどうしたらいいのかな?

何歳から習い始めるのが効果的か考えてみました。

習い事が続くようにするには幼いころから

積み木を積み上げる人形

いつから、何歳ころから習い始めるかですが、何歳から始めたとしても、習い事が嫌になり続かなければ残念です。

嫌々続けさせても、せっかく質のいい教室なのにお金だけ飛んで行って、子供は上達しないなんてことも。

これは避けたいですよね。

どうしたら意気込んで続けてくれるのか。

僕が子供を見ていて感じるのは幼いときからそれに触れていることが大きいかなです。

小学校に入る前の、3歳4歳くらい幼いときから続けて欲しい習い事に触れさせておくことがいいかと思います。

最初はみんなうまくできなくて当たり前で、自分だけできないみたいな劣等感も少ないので、自信をつけやすいと感じます。

そして段々出来るようになって、盛んに自発的に行動ができる小学生のころになると、メキメキ上達していくんですよね。

そうしたら子供は、上達していく自分にまた自信がつき、ますますのめり込んでいくと思いますよ。

 

うちの子は、保育園の年中さんからピアノを習い始めました。

最初は、泣いてるときもあったけど、小学校6年生まで続いてます。

ある時期からグンとピアノの技術が伸びたんですよね、習っていく過程で出来るようになった時の喜びがあって、それが自信にもなり、更に技術の向上を押し上げたんだと思います。

出来るようになったらうれしいから、また次を求めれるようになりますもんね。

小さいころから始めていた賜物だと思いますよ。

周りが小さいときから始めてるのに、大きくなった小学校からだと、「なぜ私は(僕は)出来ないんだろう、自分は出来ない人間なんだ」と自己肯定感が低くなることも。

大きくなると、友達と自分を比べてしまいがちですからね。

でも、小さいときからにしろ、大きくなってからにしろ、自分に自信を失いかけてるときは、僕たち親はしっかりフォローをしてあげなくちゃいけないです。

 

小学校からじゃ遅いというわけではないですが、小さいころからの方が劣等感もなく、自信もつけやすいのでより効果的かと感じてます。

習い事の種類によっては小学校からのものもありますので、一概に全てではないです。

幼児期に楽しく習う

水泳をする女の子

小さいころから、3歳や4歳の幼児期辺りが良いとお話ししました。

でも、ただ習い事を始めさせればそれで良いってわけじゃないですよね。

習い事は楽しくやっていかないと身に着かないし、続かないです。

小学校に上がっても習い事を続けて、上達するには、その習い事が好きであることが絶対条件だと思います。

そのために重要なのが、幼児期に楽しんでるかです。

ですので、幼児期に習い事を始めるときは、技術を習得することを目的にするんじゃなくて、親子で一緒に楽しむことを目的にするべきだなと思います。

 

例えば英語・英会話。

幼児期から英語・英会話を始めるのはすごく効果的だと言われてるんですが、だからと言って面白くない英語の勉強法では、子供は嫌がり、英語嫌いになってしまうという逆効果になってしまいます。

小さいうちから英語をやることで、母国語の日本語が疎かになり影響を心配する人もいますが、ガッツリと英語漬けにするんじゃなくて英語を楽しい親子での遊びとして耳を慣らすくらいで良いんじゃないかと思います。

英語脳とか英語耳っていいますよね。

英語を話せるようになることを目的で習うんじゃなくて、英語で遊んだり慣れ親しむことで自然と脳や耳が育つくらいがストレスもなくいいですよね。

【関連記事】
子供に英語を習わせるのはいつから?英語脳が育つ最適な時期は〇歳!

予習と復習の効果を年単位で

何かに熱中する女の子

自分が学生の頃に勉強していて感じたこと。

予習をしてから、授業を受けるとインプットされやすい。

授業が復習といった位置づけになるんでしょうか。

習うことをあらかじめやっておくと、授業では既に知っているものになるんですね、既に知っているものを先生から違う切り口で教わるので、頭にスーッと入るんです。

あらかじめ覚えたことと、違う切り口から教えられたことが関連付けされると人間て理解力があがるんですね。

この仕組みといいますか、理解力を授業単位ではなく、年単位で行うんです。

 

つまり、幼児期に習っておき、数年後に小学校に入学して学校で習う時には既に予習済みという状態で挑むんです。

なんか固い言い方になってしまいましたが、難しく考えないでくださいね。

先ほど言ったように、幼児期は楽しむことを目的にして、気付いたら自然と学んでいたくらいでいいです。

途中からは行きづらい

動物たちのパペット

小学校1年生、2年生くらいはいいかなと思いますが、3年生にもなるとその時期から他の子と一緒に習い事に通うのは行きづらいかなと思います。

その子の性格にもよりますが、途中から他の子と混じってやるのは抵抗がありそうです。

うちの3年生の息子がそうなので。

本当はスポーツ系の習い事をさせたいのですが、特に団体競技は試合に出れない可能性も。

個人競技がいいかなとも思ってます。

 

でも子供が何をしたいかが重要です。

途中からの参加でも、子供がやるきあるならそれでいいですし、個人競技であろうが団体競技であろうが、嫌がるなら無理にはやらせないでくださいね。

習い事をしなくちゃいけないわけではないですし、周りの子がやっているからって焦る必要もないですよ。

 

親の想いだけで決めないで、無料体験などで子供の興味があるものを一緒に探してからですね。

僕たちの想いを、子供に叶えてもらうんじゃないですからね。

子供の想いを、親が叶えてあげることが、僕たちのすることですよ。

しばしば逆になってる親がいますからね。残念です。

最後に

習い事を始めるには、幼い幼児期が効果的だとお話ししました。

ただ、それが絶対に正しいというわけではないです。

みんなそれぞれです。

「みんな違ってみんないい」です。

子供の成長を想うばかりに、子供の心が見えなくなってしまうことがないようにしてくださいね。

あなたの可愛い子供に合った時期で、子供が楽しむことを考えてみて下さい。

子供に求めてることが、あなたの子供に出来ることなのか、子供に出来ないことを求めてもイライラを生む原因になってしまいますからね。

叫ぶ女性
子育ての悩みで多いのが、子供に「怒り」の感情が出てしまうことだと思います。 分かっていても、嫌だと思っていても、ついイライラして怒鳴ってし...

 

あなたも、子供にはやりたいことをやらせてあげたいと子育てに入ったはず。

子供が何を求めてるのかを感じてみて下さい。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

言うことを聞かない子供と、お母さん

言うことを聞かない子供にイライラ怒鳴るけど、子供の言うことは聞いてる?

「ウソ」の吹出がでてる木製の人形

【子育てあるある】子供が嘘をつく心理・原因 対応法はインタビュー

散らかったおもちゃ

【子育てあるある】何度言っても聞かない、わからない子供 理由を聞け

PCをするスーツ姿の子供

【子育てあるある】何でも自分でやりたがる子供

ピアノを弾く小さな子供

子供に「習わせて良かった」&「習わせたい」習い事 生の声を参考に

叫ぶ女性

「子育て」イライラし怒鳴るのが止まらない。解消法は現実的な期待