木のスプーンにハート型のクッキー

【子育てあるある】何でも買ってと欲しがる 子供の気持ちを理解する

レトロなおもちゃ屋さん

デパートやスーパーに行けば、おもちゃ売り場やお菓子売り場で子供が「これ買って」「あれ買って」、「あれ欲しい」「これ欲しい」

親なら誰しも経験があると思います。

 

酷いときには駄々をこねて泣き叫び、その場から動こうとしない子もいますよね。

親としてはそんなとき、どうしたらいいか困りますよね。

 

何でもかんでも買ってあげるわけにはいかないですもんね。

子供の教育のためでもあるし、金銭的な理由もあるし。

 

でもそんなに駄々をこねて叫ばれたりしたら、周りの目も気になるしどうしたらいいか本当に困ります。

さて、どうしましょう。

「欲しい」「買って」は子供の当たり前の感情

足にしがみつく木製人形

僕たち親が、子供にあれこれとねだられて、駄々をこねられ困るのは、「無理難題」を押し付けられていると思うからなんですよね。

先ほども言いましたが、色んな理由から何でもかんでも買ってあげるわけにはいかないです、親からしたら確かに「無理難題」です。

でも子供からしたら、別に親に「無理難題」を押し付けているつもりはないです。

 

こんな時は、子供に対して僕たちがどんな期待をしているのかを考えてみて下さい。

「買ってもらえるもの、買ってもらえないものを判断して、親を困らせないように理性的に振る舞う(駄々をこねたりしない)」

こんなような期待じゃないかと思います。

 

それって子供には到底無理な期待です。

それこそ「無理難題」・・・

 

子供は単純に欲しいと思ったものを欲しいと言って、買ってもらえないからかんしゃくをおこして駄々をこねてるだけ。

子供の当たり前の感情ですよね。

 

この子供に対する期待を考えてみることが、子育てで困ったときのポイントです。

子供につい怒てしまうとき、それも困ったときなんですね。

だから子供につい怒ってしまうと悩んでるのであれば、子供へどんな期待をしているか考えてみて下さい。

叫ぶ女性
子育ての悩みで多いのが、子供に「怒り」の感情が出てしまうことだと思います。 分かっていても、嫌だと思っていても、ついイライラして怒鳴ってし...

 

何でも欲しがる子供の気持ちを受け止めて対応

天を仰ぐ男性

何でも欲しがる気持ちは、子供の当たり前の感情です。

これを繰り返して子供も「あきらめる」ことや「頼めることの判断」だったりを学んでいくんです。

 

だから、いきなり駄々をこねたりするのをやめさせる方法なんて無いです。

無いというか、無理にやめさせるのは学びの機会を無くすことになるかもしれないですよね。

 

僕は3人の子供を育てていますが、一番下の ミー は今まさに「あれ買って、これ欲しい」の連発です。

真ん中のお兄ちゃん オークン と 一番上のお姉ちゃん ナナ は、欲しいことは伝えてきますが、買ってあげれないことを伝えれば駄々をこねることはもうないです。

小学校中学年にもなればかなり理解もできるようになりますね。ちゃんと学んできてくれたんだなと今は感じます。

 

子供の欲しがる気持ちを一回受け止めてあげて、かんしゃくや駄々こねが収まるのを待ってあげることができるといいです。

ここで怒っても結局解決しないですからね。

意地の張り合いで、「買って!」「ダメです!」の綱引きになってしまいます。

 

でも、「無理難題」と感じて困った状態で待ってあげるのはしんどいです。

周りの目も気になるし。

そんなときは、「自分が子供のころも同じだったなー」と思い出してみてください。

周りにいる人たちも同じだったはず。

だから周りを気にしてイライラすることはないんですよ。

 

子供の気持ちになってあげる

夕焼けの公園

子供の気持ちを受け止めてあげたら、子供の気持ちに側になってあげることも対応策の一つです。

 

子供は買ってほしいものがあるけど、買ってもらえなくて残念で駄々をこねています。

でも「買ってあげられない」

しかしそれは教育でもあるし、金銭的なこともあるし、子育ての一つの姿です。

 

これは子育てのあるべき姿だと捉え、子供の気持ちに共感してあげてください。

「欲しいよね、でも買ってもらえないから涙でちゃうよね。残念だよね。」

 

感情的に怒るのはいい方向には向かわないです。

子供の気持ちを共感して、あなたの気持ちは分かってるんだよってことを優しく伝えてあげてくださいね。

 

大人からしたら、つまらないおもちゃだけど、子供はそれが欲しくて欲しくてたまらなくて泣き叫んで駄々をこねてるんですよね。

なんか可愛いくないですか?

子供は、今自分が持つ、知り得ている世界で一生懸命生きてると思うと、可愛いです。

 

ところで、先ほどお話ししたように、一番下の ミー が今まさに「欲しい!買って!」と駄々をこねるお年頃。

実際僕がどう対応しているかもお話ししますね。

欲しい気持ちを一緒に楽しむ

シャボン玉を楽しむ親子

おもちゃ売り場を通りかかったとき、案の定「これ買って!あれ買って!」が始まりました。

いきなり駄々をこねて泣き叫ぶことはないんですが、右手、左手に「メルちゃん」のグッズを持って見せてきます。

 

分かってはいたけど流石の勢い。

そりゃそうですよね、前も後ろも、右も左も360度大好きなメルちゃんに囲まれてるんですから。(笑)

僕もガンダムに囲まれたら、きっと通常の3倍で欲しがると思います。

 

で、ミー があれこれと欲しがり始めたら、一応買ってあげれないことは伝えます。

でもそれで簡単にあきらめるわけないですよね。

そこで僕がやっている対応が、「一緒に楽しむ」です。

 

今でもガンプラを見ればそうですが、子供のころのおもちゃ売り場でのワクワク感は忘れないです。

「あー、今 ミー はワクワクしてるんだろうなー」

そう思いながら、メルちゃんのグッズや、人形を一緒に見ながら、一緒にどんな遊びができるかイメージして、その場を楽しみます。

「でも買ってあげれないんだよ~」とちょこちょこ挟み込みながら。

 

買ってあげれないことを伝えてるけど、一緒に楽しんでるから泣き叫んで駄々をこねることはないですよ。

むしろ目がキラキラで興奮してます。(笑)

 

子供のそんな嬉しそうな顔をみれば、僕もイライラなんて全く起きないです。

でも「買ってあげれない」ことは一貫してちょこちょこ伝えます。

「パパお金ないしなー」とか言ったりして。

 

ちょっとづつ違うほうに気をずらしたりして、子供もおもちゃ売り場で一緒に楽しめたことに満足したら、「今は買えない」ことも理解でき笑顔でおもちゃ売り場を去ることが出来ます。

 

でも、最近「お金持ちになってね」って言われます・・・

 

「パパお金持ってないしなー」は、あまり良くないかもしれないですね・・・

 

でも、こんな感じで対応をしているといいますか、子供と一緒に楽しんでいますね。

買い物に行くたびにイライラするのも嫌ですし、やっぱ楽しみたいですもんね。

 

怒るって選択枝はまずないですね。

笑顔で教えてあげれる方法をとるようにしています。

最後に

買い物のときのシチュエーションでしたが、買い物に子供を連れて行くのが嫌だと思ってませんか?

思うように買い物できないですもんね。

僕の嫁さんも一人で買い物行きたいとよく言います・・・

 

でも休日とか家族で出かけるときは仕方ないですよね。

でもよく考えてみて下さい、子供も大人の買い物に付き合うのって苦痛なんですよ。

僕は子供のころ嫌でしたねー、だってつまらなかったですもん。

大人の服とか見てても何の興味もないしね。

 

ですので、子供だって好きなものを見たり欲しがったりすることは受け止めてあげてくださいね。

子供ばかりに我慢させないで、ショッピングを楽しみましょう。

 

今回お話しした対応でも子供が言うこと聞かないとき、一つ考えてみて下さい。

普段自分は子供の言うことを聞いてあげてるかを。

僕たちも、自分の言うことを聞いてくれない人の言うことを聞きたいなんて思いますか?

言うことを聞かない子供と、お母さん
何度言っても子供が言うことを聞いてくれない。 言うことを聞いてくれないくせに、あれ買って、これ買ってとダダをこねたり、おんぶして、抱っこし...

読んでみて下さいね。

 

子供の要望を聞いてあげれば、僕たち親の要望も聞いてくれるようになりますよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ウソ」の吹出がでてる木製の人形

【子育てあるある】子供が嘘をつく心理・原因 対応法はインタビュー

言うことを聞かない子供と、お母さん

言うことを聞かない子供にイライラ怒鳴るけど、子供の言うことは聞いてる?

PCをするスーツ姿の子供

【子育てあるある】何でも自分でやりたがる子供

ベンチで頭を抱える男性

子育ての失敗だったのか? 後悔している人生最大の過ち・・・

空に浮かぶアルファベット

子供に英語を習わせるのはいつから?英語脳が育つ最適な時期は〇歳!

笑顔の母親と子供

【子育ての悩みを根本的に解消】大事なことは、子供から愛情を受け取る