木のスプーンにハート型のクッキー

【HSPとは】5人に1人が生きづらい 自己チェック診断テスト

驚く少女

HSP(Highly Sensitive Person)

日本語に訳すと

「とても敏感な人」です。

 

僕が、生きづらさという点から、知ったのがこのHSPでした。

何となく見聞きしたことがある英字三文字ですが、どんなものなのかは知りませんでした。

単純に病気のことかと思ってましたが、違いました。

それは生まれ持った特殊な能力でした。

HSPとは。15%~20%いる。

人が行きかう街の横断歩道

「小さなことでも気にしてクヨクヨしてしまう」

「ちょっとした出来事でも敏感に反応し疲れやすい」

「他の人の気分に左右されやすく困ってしまう」などなど・・・

 

小さいことでも過敏に心身が反応し困っている人が、どこの社会でも5人に1人、つまり15%~20%いると言われています。

そしてそういった”気質”の人たちのことを、HSPと呼ばれています。

 

何故”気質”と言ったかには理由があります。

 

「小さなことでも過敏に気にしてしまう」ことで、自分の性格のせいだと自分を責め、悩み苦しんでいる人がいるからです。

HSPと言われる特徴は性格ではなく、持って生まれた特性で、”気質”なんです。

性格とは気質から作られる行動や意欲のことです。

ですので、過敏なあなたのそれは、あなたの特徴であり、自分を責める必要もまったくないんです。

体質のようなものだと思います。

これもあなたの一部だと受け入れることで、うまくHSPと付き合っていけ、悩むことも減っていくでしょう。

生きづらさの裏には”HSPだかこそ”の素晴らしい能力がある

白衣を着て、拳を突き出す人

確かに、どんなことにも過敏に反応してしまい、生きづらさを感じる人が多いHSP。

でも、そんな気質があるからこそ輝ける能力を持っています。

 

例えば、鋭敏な感性や直観力を持っており、それを生かした芸術家や科学者が多く存在します。

HSPの概念を提唱したアメリカのアーロン博士はこう主張しています。

 

HSPは、そうでない人たちより劣っているわけではない。

むしろ豊かな感情や感受性に恵まれて、創造性に富んで能力が高く、繊細で深みのある人々だ。

 

HSPをチェック「自己診断テスト」

白衣を着て、YESとNOにチェックする人HSPには大まかにまとめると、以下のような特徴があります。

  • 五感による刺激や、自分の脳内イメージなど、内面的な刺激にも敏感。
  • 人の悲しみ、喜びなどの感情に影響を受けやすい。
    過剰に同調してしまう。
  • 第六感的な直観やひらめきが強い。
    説明を受けていなくても物事の進め方などが分かってします。
  • 慎重で、自分のペースでの行動が好き。
    逆に他者が関わってくると苦手になる。
  • 内向的で、興味関心が内側へ向かう。
    物事を深く考える。

上記のような特徴が思い当たるでしょうか。

詳しい特徴はこちらの記事

仮面をつける木製の人形
HSPの人は、小さいことでもすぐに過敏に反応してしまい、人付き合いだったり色んな生きづらさを感じています。 そのことを自分の性格のせいにだ...

次のチェックリストで、もっと細かく確かめてみてください。

HSP自己診断テスト

少しでも当てはまるものは「はい」を選んでください。

自分の周りの環境の変化によく気づくほうだ はい ・ いいえ
他人の気分に左右される はい ・ いいえ
痛みにすごく敏感 はい ・ いいえ
忙しい日が続くと、ベッドや暗い部屋などプライバシーが保たれ、刺激から逃れられる場所に引きこもりたくなる はい ・ いいえ
カフェインに敏感 はい ・ いいえ
明るい光、強い匂い、ざらざらした布地、サイレン音などに圧倒されやすい はい ・ いいえ
想像力豊かで、空想にふけやすい はい ・ いいえ
 騒音に悩まされやすい はい ・ いいえ
美術や音楽に深く心が動かされる はい ・ いいえ
とても良心的 はい ・ いいえ
すぐにビックリする はい ・ いいえ
 短期間でたくさんのことをしなければいけない時に、混乱してしまう はい ・ いいえ
人が何を求めているのかが直ぐにわかる はい ・ いいえ
一度に沢山のことを頼まれるのは嫌だ はい ・ いいえ
ミスや物を忘れたりしないように”いつも気を付ける” はい ・ いいえ
暴力的な映画やテレビは見ないようにしている はい ・ いいえ
余りにも多くのことが自分の周りで起こっていると、不快になり神経が高ぶる はい ・ いいえ
 空腹になると集中できない、気分が悪くなるなど強い反応が起こる  はい ・ いいえ
生活に変化があると混乱する はい ・ いいえ
デリケートな香、味、音、音楽を好む はい ・ いいえ
動揺する状況を避けることが普段最優先 はい ・ いいえ
仕事の時、競争になったり、監察されたりすると、緊張し、いつもの実力が出せない はい ・ いいえ
子供の頃、親や教師は自分のことを「敏感だ・内気だ」と思っていた はい ・ いいえ

12個以上「はい」があれば、あなたはHSPである可能性がとても強いです。

また「はい」が一つだとしても、その傾向が非常に強いのであればHSPである可能性が高いです。

最後に

どうでしたでしょうか。

因みに僕は12個以上当てはまりました。

ただそこまで敏感で困るということはないです。

HSPにも個人差があり、それぞれ何に敏感かも違います。

例えば僕でしたら、人との付き合いがしづらく感じていました。

HSPを知って思い出した体験があります。

 

祖母と(理由があり血は繋がっていない)、その妹がケンカをしたとこを見ました。

そのあと食事が喉を通りにくくなってしまいました。普段だったら大食いで、足りないと思うくらいなのに、弁当一つ食べきれなかったです。

何か気分がモヤモヤして嫌な気分になるんです。

 

他には、相手の顔や素振り、雰囲気で僕に対する相手の気持ち(不満げな)を読み取って、落ち込むことも良くあります。

僕的には、相手の気持ちなんてわかるわけないから勝手にそう思い込んでしまってるだけだと自分に言い聞かせてましたが、やっぱ落ち込んでしまう自分がいます。

その時の相手の顔がしばらく忘れれないんです。

大勢の中で自分が喋った時の皆の反応や顔が怖いってのも感じてます。

 

こういった過敏な面がHSPの特徴に当てはまるのですが、音や光など五感では過敏な反応はないように思います。

 

人それぞれで、特徴の種類も度合いもちがいます。

でも生きづらさを解消するには、うまく付き合っていくには、まずHSPというものを知り、自分がHSPであるのであれば、それを受け入れることからです。

HSPが病気でもなく、性格でもなく、持って生まれた自分の能力である。

これをまず理解するのがいいと思います。

参考著書:「敏感すぎる自分を好きになれる本」/長沼 睦雄

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事に追われる男性

【HSPだからこそ輝く適職】仕事が続かない人の為に

子供を抱きかかえようとする母

【HSPの子供が輝く育て方】対応や接し方は? その特徴は?

仮面をつける木製の人形

【HSPの特徴】よく眠る?性格ではない、その気質とは

頭を抱えるスーツの女性

HSPと愛着障害、トラウマの深い関係とは 生きづらさを助長し合う