木のスプーンにハート型のクッキー

HSPの僕と仕事、おすすめ在宅ワークを発見!

HSPであることで仕事に悩んでいるのは、あなただけじゃありません。

だから一人で悩む必要はありません。

これからどうすればいいのか、仕事は何をしてけばいいのか、他のHSPの人は(筆者は)はどうしているのか、

将来の歩く道を探してる、そんなあなたに読んでいただきたいです。

HSPである僕が、これまで仕事に対してどのような感じ方をしていたのか。

そして仕事に悩む僕たちが何をするべきなのか。

僕が見つけた答えなどについてです。

HSPは敏感・繊細だから仕事が細かい

仕事に追われる男性

HSPがどんな特徴があるのかは、既に知っているかと思います。

そしてそれが仕事にどんな影響があるのかも体感していますよね。

 

僕が仕事をしていて感じるのは、仕事が細かくなり周りが理解してくれないということです。

言われていることをやっているだけなら楽なんですけどね・・・

それが出来ないのが僕の特徴です。

 

ちょっと完璧主義者的な面があります。

こうであるのが最高なんだから、最高を求めようと思っちゃうんです。

 

ただそれがお客さんが求めるものが、形として誰にでもわかる事なら説明もしやすいのですが、肌で感じるようなものも多くあり、同僚や上司には理解しがたいんです。

 

この記事でもうまく言い表せないのですが、繊細がゆえに感じることをやろうとするため、仕事が細かくなります。

仕事が細かいと、仕事が遅くなります。

 

仕事が遅いことが良く見られないんですね。

 

そもそも人との付き合いが苦手な為、伝えることが出来ないのもありますが。

 

言い方は悪いですが、仕事をテキトウにこなす人を見ると、嫌な気分になってしまいます。

良く言えば要領がいいのですが、僕にはそれが出来ないですし、なぜテキトウにやっちゃうんだと感じてしまうんです。

 

お客さんがテキトウな仕事をどう感じるかを考えると、職場ではうまく立ち回れないんです。

 

いい職場に就職できれば、そういったお客様ファーストな仕事を褒めてくれると思うので、仕事はやりやすそうですが、中々そういった職場に当たらないですよね。

HSPだから辛い仕事

人が行きかう街の横断歩道

HSPは分かりやすく言えば人目が(人の気持ちが)気になる気質だと僕は感じます。

その為、人と接することが重要な仕事は辛いです。

 

僕の場合は仕事ではないですが、会議とかに出ると喋れません。

「僕が考えることを発言してもなー」と思ってしまいます。

 

また人が目の前に多くいると、色んな事に気が散ってしまいます。

あの人は何を考えてるのか、同じように喋らない人は何故来ているのか。

 

会議とは全く違うことを気が付いたら考えてる時もあります。

 

HSPにとって会議は辛い場所ですね。

そんな中でちょっと変化もありました。

よかったらこの記事も読んでください。
会議が苦手、意見が思いつかない発言出来ない僕がリーダーになったら・・・

 

気が散るという面で、集中して話が聞けないという難点もあります。

ある人と会話をしている時に、他の人が入ってくると頭の中が「わあー」ってなっちゃいます。

1対1じゃないと難しいんです。

 

でも話してる相手も、途中から話始めてきた人も、どちらも気になってしまいます。

どちらにも答えなくちゃという心理が邪魔をしてしまいます。

で、結局どちらも疎かになってしまいます。

 

相手の気持ちが、相手が思う以上に強く感じてしまうんです。

 

過剰同調性と言うのですが、こんなことがよくあります。

例えば、友達の結婚式や2次会に出席した時、僕はアホみたいに泣いてしまいます。

何度もこれをやってしまい恥ずかしい思いをしました。

 

ほとんど面識のない人(名前と顔くらいは知っている)が交通事故で亡くなったとき、泣いてしまいました。

 

自分でも訳が分かりません。

 

Yahoo!などのニュース、テレビでのニュースも苦手です。

気になっても見ないように今はしています。

 

この過剰同調性は仕事の面でも邪魔をします。

お客さんの反応が薄いともうダメです。

それが知り合いだと、もう忘れられません。

 

なんて悪いことをしたんだろうと感じてしまいます。

 

先ほどの仕事が細かくなるに繋がってきますね。

HSPだから仕事が続かない?辞めたい?

ベンチで頭を抱える男性

HSPだから仕事が続かない?、HSPだから仕事を辞めたいと思う?

 

はい、「続かない」「辞めたい」原因はHSPにあります。

でも仕事が続かない人、辞めたいと思う人はHSPじゃなくても沢山います。

 

要はその仕事が、HSPであるあなたに合った仕事じゃないってことなんです。

 

HSPの僕は、これまでに経験した仕事は2つだけです。

最初の仕事はやはり、2年持ちませんでした。

でも次の仕事は10年以上続いています。

 

それは何故か。

職場と職種が良かったからです。

 

職場は実家でした。

職種は花屋さんです。

 

実家と言うことは上司は両親でした。

当時は祖母もいました。

相手が親なので、人付き合い的な面ではかなり楽です。

 

職種の花屋は、HSPである僕にとってすごくマッチした仕事だったんです。

そう感じるまで数年は掛かりましたが、そこは実家での数年なので我慢は出来ました。

 

HSPに限った話じゃないですが、自分に合った仕事を選ぶことが凄く大事なんだと分かりましたね。

そしてHSPですとそれが独特な面があります。

ですので、まずは自分を知ることが大切ですね。

 

実は、10年以上続いてる実家での勤務ですが、もう限界にきています。

職種は自分に合っています。

自分の感性で商品を作る仕事が自分に合っていました。

 

しかしです、先述したように「敏感・繊細」という特徴が上司である両親に理解されなくなってきたんです。

10年も続いたんだからといって、ずっと安泰ではなかったんですね・・・

 

テキトウに要領よく立ち回っていれば楽だったんですが、お客さんや従業員に対する経営の仕方に疑問を持ち始めて凄く一人で悩んでいました。

最終的に意見を親に伝えたのですが・・・

非常に気まずい職場になってしまいました。

 

考えてみると色々と問題があったんだなーと今は感じています。

僕の個人的な話ですが、興味がありましたら、読んでください。
一緒に働いていたら、父親を嫌いになった理由

 

とりあえず、もう今の職場で働くのは僕の気質上続きません。

だから次を考えて行動を始めました。

 

僕たちみたいなHSPの人間にとってどんな仕事が向いてるのか。

どんな仕事なら続けていけるのかを探しました。

HSPに向いている仕事ってなに?

色鉛筆各色

HSPと一言にいっても、またその特徴は人それぞれだと思います。

それにプラスして性格も関係してきますので、一概にはHSPならみんな出来るとは言えないです。

 

でもHSPの主な特徴として、クリエイティブな仕事が向いています。

そして、なるべく人と接することが少ない環境で、マイペースで出来る仕事です。

 

こちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。
【HSPだからこそ輝く適職】仕事が続かない人の為に

 

僕が花屋の仕事が合っていたというのは、そのクリエイティブ性があったからなんですね。

クリエイティブとは創造です。

花屋は、自分の感性で花を選び、オリジナルのアレンジメントや花束を作ります。

極端な話、僕にしか作れない商品をお客さんに提供できました。

これが凄く心地よかったです。

 

HSPの感受性の豊かさや繊細で敏感な部分は、クリエイティブな物事に素晴らしく発揮されます。

 

もしあなたが自分のクリエイティブな部分にまだ気づいてないのであれば、一歩踏み出して欲しいです。

まずはやってみなくちゃ、自分にできるのか、合っているのかさえ分かりません。

 

ただ、あなたのHSPという特別な能力は、HSPではない人には発揮できない特別なものです。

生きづらさという嫌な面が強く感じるかもしれませんが、その能力を活かすも殺すもあなた次第ですからね。

 

先ほどのリンク「HSPだからこそ輝く適職」の記事は読んでいただけましたか?

その記事内でも紹介していますが、インターネットのおかげで「クラウドソーシング」という在宅ワークができます。

記事内では「クラウドワークス」というサイトを紹介しています。

そしてHSPに有利なクリエイティブな仕事がその中には多くあるんですね。

 

無料で登録できて、あなたの好きな時間に好きなだけ、つまりマイペースで仕事がこなせます。

一歩踏み出してみて下さい。

 

あなたは自分がHSPであることを分かっています、そしてそのために仕事の悩みを抱えています。

この先の将来をどうすればいいか悩んでいます。

僕も同じです。

 

仕事はしないと生きていけないです。

別に仕事が嫌いなわけじゃない、自分に合った仕事を探すことが必要なんです。

 

僕はもう結婚して子供が3人いて、住宅ローンもあります。

もっと早く将来に向けて行動すれば今ほど苦しんでなかったと感じています。

 

あなたも、いつまでも悩んで時間が過ぎていくのを待つだけじゃなく、ちょっとでも早く行動をしてみて下さい。

嫌なことをするんじゃないです。

HSPである僕たちにとって一番楽しく輝ける場所を探すんです。

 

その一歩となる手段の一つが、手軽に在宅ワークが出来るクラウドソーシングだと思います。
在宅ワークならクラウドワークス

HSPにおすすめ在宅の仕事

丘で手をあげる女性

在宅ワークとして「クラウドワークス」を紹介しましたが、ガツンと生計を立てられるくらいの在宅ワークを紹介します。

もちろん誰でも多く稼げるとは言い切れませんが、そこはあなた次第です。

 

やるかやらないかです。

 

やった人は稼げています。

 

楽ではないかもしれませんが、今の仕事(職場)は楽ですか?

楽じゃない、辞めたい、辛いからこの記事を読んでくださったんですよね。

 

ここまできたらあとは一歩を踏み出してみるだけです。

別にお金など失う危険性はないですし、むしろ稼ぐためですからね。(笑)

 

HSPの特徴として感受性豊かで、物の捉え方が人とは違います。

有名な画家などが、理解しがたい絵が描けるのはその能力のおかげでもあるんです。

これって文章を書くことにも長けた能力なんですね。

 

HSPはライターも向いているんです。僕自身、在宅ワークとしてこのサイトのように、色んなサイトで文章を書いています。それから広告収入を得たりなどしています。
HSPニートに向いている仕事。僕の働き方(天職)を教えます。

 

自分で言うのもあれですがある意味ライターです。

 

前置きが長くなりましたが、ライターに特化した在宅ワークがあります。

在宅中でも出かけ先でも、自分のペースでネットに繋がったパソコンさえあればできます。

こちらです。
↓ ↓ ↓ ↓

⇒高単価の在宅ライターサービス【サグーライティングプラチナ】

サグーライティングプラチナとは

登録方法の前に、簡単にですがサグーワークスについて紹介しますね。

 

「サグーワークス」とは、在宅ワークの案件が受けられるサイトです。

誰でも簡単に登録が出来て、在宅ワークができます。

 

案件種類はアンケートもあるのですが、主にライティング案件が特化されています。

サグーワークス説明

ライティングの案件には、誰でも利用できる「レギュラー案件」と、プラチナライターだけが利用できる「高単価案件」があります。

 

サグーワークス説明

ちょっと画像じゃ確認しずらいかもしれないですが、1文字=1ポイント(1円)以上の高単価です。

これってかなり高いです。

実際ブログなどで記事を書いてると、2000文字くらいは直ぐですからね。

例えば3000文字の案件なら3000円の報酬。

1日2件こなせば6000円の報酬。

1ヶ月にすると約18万円の報酬になりますね。

 

報酬はポイントとして付与され、1ポイント=1円で交換が出来ます。

現金をはじめ、amazonギフト券などに替えられます。

サグーワークス説明

 

プラチナライターになるには、サグーワークスのテストを受けて合格しなければなりません。

でもそんなに構える必要はないですよ。

特にお金は必要ありません、不合格でも何度でもテストは受けられます。

テストで書いた記事の添削を丁寧にしてもらえるので、段々スキルもあがりますし、合格まで頑張ってくださいね。

 

HSPのあなたなら、良い記事が書けますので。

記事を書く経験がないと最初は大変かもしれませんが、それは他の仕事に転職したって同じことです。

慣れるまでは大変だし辛いです。

でもその後に待っているのは、在宅で出来る仕事で、大きく稼ぐことが出来るチャンスです。

誰に気を使うこともなく、マイペースで作業ができます。

 

テストといってもお題に沿った記事を書く感じですので、全く難しいなんてことはないです、挑戦してみて下さい。

 

ここで一歩踏み出さずに、ずっと今の悩みを抱え続けますか?

 

もう一度言いますが、会社などに言って生きづらさを感じる毎日から抜け出し、在宅で出来る仕事で、大きく稼ぐことが出来るチャンスです。

誰に気を使うこともなく、マイペースで作業ができます。

 

HSPの能力を発揮できる道を見つけて下さい!

 

サグーライティングプラチナの登録方法(テストの受け方)

1.メールアドレスの登録をして下さい。

サグーワークス登録

 

2.その後、登録したアドレスにメールが届きますので、そこに記載されているURLからプロフィール入力に移ります。

サグーワークス登録 サグーワークス登録

各項目を入力したら、「確認画面へ」をクリック。

OKでしたら、「この内容で登録する」をクリック。

 

サグーワークス登録

これでサグークスへの会員登録完了です。 プラチナライターのテストなどは次からです。

サグーワークス登録

3.あなたの保有資格や経歴、自己PRを入力します。

サグーワークス登録 サグーワークス登録

各項目入力できたら、「次へ進む」をクリック。

 

4.プラチナライターの応募動機やライターとしての経歴、ブログなど持っていればそのURLなどを入力します。

サグーワークス登録

 

5.プラチナライターテストは3設問あります。ここからはじっくりと、お題に沿ったテスト記事を書いてください。

サグーワークス登録

テスト結果の報告は少し時間がかかるかもしれません。

その分丁寧な添削をしていただけるので、合格するに越したことは無いですが、あなたのライターとしてのスキルアップにもなります。

 

こちら記事を書くコツなどのブログ記事が沢山アップされてる、サグーワークス運営のサイトです。

こぶたの鉛筆

すごく参考になると思いますので、一度目を通しておくといいかと思います。
こぶたの鉛筆

 

以上、サグーワークスの登録からプラチナライターテストを受けるまでの方法でした。

今まで記事を書くなんてことをしたことないのであれば、尚更挑戦してみて下さいね。

道が開けます。

家でパソコンで記事を書く仕事が、プロライターでもない僕たちでも身近にできるんです。

 

また記事が書けるというスキルが身に着くと、別のキャッシュポイントを自ら作ることだって可能になります。

HSPだって在宅でいくらでも稼ぐ道はあるんです。

1つ何か身に着けることで、道が一気に広がります。

 

一緒に頑張りましょう!

⇒高単価の在宅ライターサービス【サグーライティングプラチナ】

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事に追われる男性

【HSPだからこそ輝く適職】仕事が続かない人の為に

天を仰ぐ男性

HSPニートに向いている仕事。僕の働き方(天職)を教えます。

頭を抱えるスーツの女性

HSPと愛着障害、トラウマの深い関係とは 生きづらさを助長し合う

仮面をつける木製の人形

【HSPの特徴】よく眠る?性格ではない、その気質とは

驚く少女

【HSPとは】5人に1人が生きづらい 自己チェック診断テスト

子供を抱きかかえようとする母

【HSPの子供が輝く育て方】対応や接し方は? その特徴は?