木のスプーンにハート型のクッキー

普通な(心が健康な)親とコントロールする毒親の違い

笑顔と微笑みのピック

心身共に健康的な子供とは、「よく遊んで」「よく学んで」成長し、独立することが出来て、自分の道を歩くことが出来る子供です。

上記のような子供であるには、やはり親の育て方が関わってきます。

では心身ともに健康的な子供と、そうでない子供の育てられ方の違いはなんでしょう。

普通の親と毒親の違い

毒親にも色んなタイプがあり、虐待する人、ネグレクト、過干渉だったりなど。

今回は子供をコントロールばかりする毒親を対象にした違いを紹介します。

①「子供への愛情の与え方」

普通の親「心をはぐくむ愛情」   毒親 「条件付きで愛情を与える」 
 与える愛情は一定で安定している。

子供が親を喜ばせるようなことをした時だけ褒美のように与える。 気に入らなければ罰として愛情を与えません。

 子供は、親から「愛情」「注目」「暖かい肌の触れ合い」をもらうことが出来ます。  子供は親に「恩」「借り」があると思い込ませている。
 子供は愛されて生まれてきて、今もなお愛されてると聞かされています。 子供は親を満足させることで愛情を”獲得”しなければいけない

 

②「子供の人間性の尊重」

普通の親「子供の人間性を尊重する」 毒親「子供の人間性を尊重しない」
子供は個性のある一人の人間として扱われ、価値を認められる。 親の”所有物”のように扱われる。
子供は自分の意志で、自分の行動を選択できる。 親は自分の精神的な欲を満たすために子供を使う。

 

③「親子間のコミュニケーション」

普通の親「自由でオープンなコミュニケーション」 毒親「コミュニケーションがない」
建前よりも自分の考えを自由に表現した方が評価される。 発言を抑えつけられる。「いちいち理由を聞くな」「口答えするな」が常套句
質問や異議を唱えることが許される。 質問や異議は拒否される。
家に何か問題があれば、それを分かってもらえ、話になる。 家に問題があっても、無視されたり、問題があること自体否定される。

 

④「子供の感情の受け入れ方」

普通の親「子供は感情を持つ自由がある」 毒親「子供は感情を持つことが許されない」
「悲しみ」「恐れ」「怒り」「喜び」などの感情を感じることは当たり前だとされます。 強い感情を感じてはいけないとする。
感情は自然なこと。 感情は危険。

 

⑤「子供の行いへの対応」

普通の親「子供は励まされる」 毒親「子供はあざわらわれる」
潜在能力を認められ、勇気づけられます。 子供は常に判決を下されているように感じています。
成功すれば褒められて、失敗すれば慰められる。 ほとんどが、ほめられているよりも批判されている。

 

⑥「子育ての一貫性」

普通の親「子育てのやり方は不変で一貫している」 毒親「応用がきかなくて厳格、または一貫性が無くコロコロ変わる」
いいこと、悪いことに適切で一貫した態度を示す。 よく厳しく罰を与え、柔軟性がない。
親の役割は子供を導くことだと考えてる。 親は子供のボスだ。
子供が自分の身体や行動について判断することが認められている。 子供のプライバシーをほとんど認めない。

 

⑦「子供の心の世界に対する態度」

普通の親「子供が心の世界を探求することを推奨」 毒親「子供の心の世界を否定」
自分に対して優しくすることを学ぶことができる。 自分に対して優しくすることを学ぶことが出来ない。
親は自分の価値を教えるが、子供がどんな価値を進歩させるかは、子供の意思を尊重する。 自分の考えで何かに興味を持ったり、学んだりするこちょり、親の考えで正しいとされることが重要。
家庭内に、「学び」「ユーモア」「成長」「遊び」などさまざまな面がある。 家庭内の雰囲気が堅苦しく大げさ。または混乱している。

 

⑧「社会との結びつき」

普通の親「社会との結びつきがある」 毒親「社会との結びつきがない」
人との結びつきが大切とされる。 人との心からの結びつきはほとんどない。
他人や社会に対する責任について幅広い見方を子供に教える。 外部の人間は危険で信用できないイメージを植え付ける。
人との関係は、相手に良く思われたいからである。

最後に

こうやって比較して見ると分かりやすいですね。

コントロールする毒親は、自分目線での育て方なんですよね。

本人は子供の為だと思ってやってる面もあるとは思いますが、それが子供の為になってるのか?です。

完璧な子育てを出来る親なんていません

誰でもコントロールする毒親の特徴な面があるんじゃないかと思います。

今回の記事を見てハッとしたならば、その根底を探ってみて下さい。結局は自分の為だったりします。

ついつい子供に怒ったり、厳しく当たったりしてしまうこともあります。でもイライラしてるときって実は、親の都合だったりすることが多いんじゃないかと思います

怒ってしまう前に、一呼吸おいて、これは本当に子供に対して怒るようなことなのかを考えれるようになるとイライラも治まりますよ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

親子のハグ

毒親を許す?それとも復讐? 許すと何が起きる。

赤ちゃんを抱っこする母親

毒親の特徴をチェック あなたの親は毒父?毒母? 

手を繋ぐ親子

「毒親育ちの子育て」毒親にならない為に大事な事とは?