木のスプーンにハート型のクッキー

子供に英語を習わせるのはいつから?英語脳が育つ最適な時期は〇歳!

空に浮かぶアルファベット

子供の習い事で英語を習わせたいと考える方は多いです。

ケイコとマナブでのお稽古ランキングでも、

  • 習っているランキング2位
  • 習わせたいランキング1位(2年連続)

と英語は人気です。

そこで悩むのが、いつから習わせるのがいいのかです。

やっと日本語をしゃべれるようになってきたばかりなのに、もう一言語なんて混乱するんじゃないか。

でも英語は小さいうちから慣れ親しませたほうが良いとは耳にする。

では、実際は何歳くらいからするのがいいのでしょうか。

小さいければ小さいほど自然と覚えていきそうですが、流石に赤ちゃんのときから学習させることは難しいですよね。

赤ちゃんができるとしたらCDでの聞き流しくらいかと思います。

英語を習わせるなら、

ある程度大きく育って、言語吸収力も高い2歳~6歳くらいまでが一番適しています。

特に言葉の吸収力も興味を示す力も高い3歳からがいいです。

3歳から英語に慣れ始めて興味を持たせ、5歳、6歳ころには更に深く興味を持つように導いてあげると、どんどん英語が話せるようになっていきますよ。

もちろん3歳からじゃないと効果がないわけではありません。5歳、6歳から習い始めても充分英語が上達します。

3歳から始めるほうが、より効果的に早く上達できるということです。

小さいころから英語を習うと効果的な理由

桜の背景に右肩上がりの矢印

小さいころから英語を習うと良いのはなぜなんでしょう。

なぜ積極的に勉強ができる年齢(中学、高校~大人)より効果的なんでしょうか。

その理由を解説します。

幼児は英語脳が育ちやすい

二つのりんご

英語脳って聞いたことありますか。

英語が苦手な僕たち大人って、英語を聞いたりして意味を理解するときに、頭の中で一度日本語に変換して理解してますよね。

その逆、英語を話すときもです。

「apple」→「リンゴ」→”リンゴだなと理解”

”リンゴを英語で言いたい”→「リンゴ」(頭の中で英語に変換)→「apple」

『えーと、日本語では・・・』というように、間に日本語が入ってくるんですね。

瞬時に英語を理解できてないんです。

頭の中で日本語を挟まないで瞬時に理解できる脳が「英語脳」なんです。

既に日本語が定着してしまっている大人や、定着してきた小学生以上になってくると、英語脳を育てるのが難しくなってきます。

まだ日本語がちゃんと定着していない幼児(0~6歳まで)の子供は、この英語脳が育てやすいんです。

英語脳が育ちやすい理由

ではなぜ幼児は英語脳が育ちやすいのでしょうか。

それは幼児には、

大人にはない聞き取る力があるからなんです。

幼児は日本語にない、英語の音を聞き取る能力があるんですね。

日本語と英語では音声周波素や音素が異なり、これが中学校に入るくらいになってくると聞き取れなくなってしまうんです。

例えば、「L」と「R」は日本語にはない音のため、日本人には聞き分けるのが苦手で有名ですよね。

でもこれが幼児であれば聞き取れるんです。

 

音声周波数

日本語 125~1500Hz
英語 2000~1万2000Hz
アメリカ英語 750~5000Hz
幼児が対応できる範囲 16~1万6000Hz

 

つまり、聞き取ることが出来る幼児のときに英語を習わせておくことで、英語脳が育つというわけなんです。

大きくなったら難しい、日本語にはない発音を聞き取れるようになれます。

 

それから、幼児が英語脳が育ちやすい理由はもう一つあります。

日本語がまだ定着していないので、わざわざ「日本語に変換する」という方法を取らないことです。

子供は見たまま、聞いたままを吸収していくので、「日本語」というワンクッションをおかないで覚えることがしやすいんですね。

appleは、”日本語では”リンゴ

リンゴは、”英語では”apple

じゃなく、子供にはリンゴでもありappleでもある。といった感じです。

英語を習うことが、勉強と感じる前に

授業を受けるお子のこと女の子

英語は中学校になったら教科として始まりますよね。

因みに今は小学校5年生から必修化されていて、2020年には「小学校3年生から必修化」、「小学校5年生から教科化」されます。

※必修化とは、学校で必ず教えなければいけないということ。でも教科ではないので、教科書はなく、学校独自の教え方をし、成績表の項目とはなりません。

※教科化とは、文科省で認められた教科書を使い教えることになります。そして成績表にも英語の項目がつきます。

英語を勉強するのが低年化するのはいいことだと思います。

外国では何年も前から実施されていることで、韓国では1997年に小学校3年から必修になっています。

 

低年化はすごくいいことだとは思うんですが、それでも気になるのは、英語が勉強だと捉えてしまうことです。

英語が苦手な僕たちは、中学校から高校まで6年間も英語を習ってきたのにちっとも英語が話せるようにならなかったですよね。

なぜなら勉強って面白くないし、面倒くさいし全然やる気がありませんでしたからね。

そんな気持ちでやっていても覚える気がないから何年続けようが覚えれないんですよね。

それと同じです。

学校で、英語を学ぶときに勉強と捉えてしまい、英語が嫌になってしまうんです。

少し前置きが長くなってしまいましたが、幼児期に英語に触れて、英語脳が育ち、英語に対するコンプレックスやアレルギーのような反応が無くなるんです。

幼児期に英語を楽しむという形で慣れ親しみ、英語を聞き取れるようになっておくことで、スムーズに小学校の英語の授業にも入りやすくなります。

そして、英語の授業で、自分は英語が分かるという自信がつきます。英語が分からない周りの友達からも頼られて、自己肯定感も育つことにつながります。

興味や行動の視野が広がる

英語に慣れ親しんでくると、TVなどから聞こえてくる英語の声、目に入ってくる英語の字など、興味をそそるものがグンと増えます。

世の中には英語であふれていますからね。

よく外国語を覚えると世界観が広がるっていいますよね。それは子供だって同じ、英語に抵抗がなければ、外国人との交流も楽しんで出来るようになります。

幼児期の子供に英語を習わせるときのポイント

幼児期に英語を習わせ始めることはすごく効果的で、バイリンガルに育てるには一番の時期です。

でも気を付けておきたいことがあります。

無理にやらせないこと

嫌がる顔の女の子

英語を話せるようにさせたいという親の気持ちはわかります。

今の時代、英語が当たり前な社会になりつつありますし、それは子供たちが大きくなるころには更にでしょう。

子供の将来のことを考えたら、我が子には英語が出来るようにさせたいですもんね。

 

でもまだ幼児期です。

2歳、3歳の子供です。

嫌がることを無理にやらせても、逆効果です。

嫌がるのに、英語をやりなさいと怒ったりしてしまえば、子供の心に傷をつけてしまいます。

絶対に怒らないでください、無理をさせないでください。

過保護は良いですが、過干渉はだめですよ。

母親とお絵かきする子供
「過保護は良くないという言葉は、きっと自分が楽をしたい人が考え出した言葉でしょう」 「子供は可愛がられなくてはいけない」 精神科医・子育...

親子で楽しむ

笑顔の母親と子供

「無理をさせない」と繋がることですが、親子で一緒に楽しむことが一番育ちます。

幼児期から英語を習わせると言ってはいますが、実際にはこう考えてください。

「幼児期から英語を楽しむ」

子供の英語教室などありますが、それが楽しめるのであればいいのですが、親と離れてやることで、英語を楽しめないのであれば英語が嫌になってしまいます。

英語教室にもよりますが、親子で参加して一緒に遊べるような、楽しくてしょうがないくらいだと最高ですよね。

英語教室で楽しむことができないなら、自宅でできる幼児期用の英語教材で、親子一緒に英語を楽しむほうが断然いいです。

英語が楽しい親子での遊びとなるようにしてあげてください。

そして遊びだから、できなくたって全然いいんですからね。

親子の大切なコミュニケーションの一つとしてください。

無料で体験や、資料を取り寄せしてみよう

「幼児期の子供に英語を習わせるときのポイント」でお伝えしたように、英語を楽しめなくては意味がありません。

ですので、英語を習わせる前に、その教室が、その教材が親子で楽しめるものなのか確かめてから入会したり、購入したりしましょう。

無料で体験できたり、無料で資料を請求できるところをまとめました。

※それぞれ対象年齢だったり、WEBカメラや、マイクが必要な場合もありますので、チェックしてくださいね。

ランキングみたいに王冠がついてますが、関係ないので気にしないでくださいね。

リップルキッズパーク


講師の質が売りの、こども専門オンライン英会話です。

歌やゲーム、パペットを使ってこどもも飽きないで楽しめる25分間のレッスンです。

レッスン後のアフターフォローもしっかりしています。

 

ペッピーキッズクラブ


全国に1300教室がある英会話教室です。

2歳、3歳のクラスですと、7~12人のグループレッスン。

「英語を学ぶことの楽しさ」を一番大切に考えており、楽しみながら英語が身につく工夫がされた教室です。

 

子供向けオンライン英会話 hanaso kids(ハナソ キッズ)


マンツーマンを売りといているオンライン英会話です。

子供のペースで、人柄の優れた講師がレッスン。

4歳からが対象。

 

子ども英語塾のヒューマンアカデミーランゲージスクール


首都圏と近畿圏で100教室を展開している英会話スクール。

日本人講師とのレッスンでインプット後、外国人講師とのオンライン英会話でアウトプット。

そして復習といった流れでのレッスンとなります。

 

オンライン英会話ならハッチリンクジュニア


3歳~高校生までの子供に焦点を当てたオンライン英会話です。

カードや歌で英語に触れるところから始まるマンツーマンレッスン。

出来るだけ自然で、生きた英会話が学べる内容です。

 

KidsStarEnglish


3歳からの子供専用のオンライン英会話です。

無料体験では、カードを使ったり、歌を歌ったりのフリートークレッスンを行います。

 

たった35日でうちの子が英語を話した!楽天4部門1位の英会話!<七田式> 7+BILINGUAL


7+BILINGUALは、ご自宅でできる、CDとテキストをしようした教材です。 無料体験や資料請求ではないですが、60日間使用後に30日間までの間(購入60日目~90日目の間)に全額返金保証が出来ますので、無料で教材を使用してみることができます。

子供をバイリンガルに育てるための基礎、英語脳が育ちます。教材なので人を気にしないでのんびり親子だけで楽しめます。

特典も豊富で、できる子どもにする子育ての知恵や、1年間無制限の無料相談(教材のことはもちろん、英語から子育てについてならなんでもOK)

英語を身に着けるのに大事なアウトプットもできるように、外人と直接話せるオンライン英会話も無料で25分/5回もついてます。

他にも沢山あります。

今人気の子どものための英語教材です。

最後に

2歳や3歳くらいの小さい子の聞き取る能力は本当にすごいですね。

うち長女ナナはECCジュニアで英語を習ってます。

それで英語の宿題を家でしてるんですが、そのときにCDやDVDを流してるんですね。

結構リズミカルで楽しい雰囲気の英語教育のオリジナル曲だったりなので、それを一緒に末っ子のミー(当時3歳)が楽しんで聞いてるんです。

その歌を口ずさんだり、DVDを見ながら英語のフレーズを真似して喋るんですが、その発音が完璧・・・

英語が苦手な僕や嫁の判断ですが、CDやDVDから聞こえてくる英語とミーの口ずさむ英語の発音がまったく同じに聞こえます。

僕や嫁じゃ、どんなに頑張っても同じ発音が中々できないのに・・・

何も教えてないですからね、びっくりさせられます。

ずっとCDやDVDを聞き流したり、見せていたらどうなるんでしょう。

やっぱり3歳の子供の耳には聞き取れるんですね、英語の微妙な発音の違いなどが。

それからお姉ちゃんがCDなどで流していた英語に、ミーが自分から好きに楽しんでたからこそ自然と身についたんだと思いますね。

英語を習わせるときは、「楽しい」と感じることが一番大事だと改めて思いました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ピアノを弾く小さな子供

子供に「習わせて良かった」&「習わせたい」習い事 生の声を参考に

不満げな顔で食事する子供

【子育てあるある】子供が食べるのが遅い原因は?対処方はワクワクさせる

シャボン玉で遊ぶ女の子

子供の習い事はいつから? 何歳から始めるのが効果的か

「ウソ」の吹出がでてる木製の人形

【子育てあるある】子供が嘘をつく心理・原因 対応法はインタビュー

ベンチで頭を抱える男性

子育ての失敗だったのか? 後悔している人生最大の過ち・・・

のぞく女の子

【子育てあるある】忙しい時に限って、見て見てとしつこい子供の心理